なみえ焼そば~震災復興への祈り~福島県浪江町


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!


なみえ焼そばとは

都道府県福島県
地域浪江町
推進団体 浪江焼麺太国
概要

「なみえ焼そば」「浪江焼きそば」は福島県浪江町のご当地・B級グルメ。

極太麺に豚肉、モヤシに濃厚ソースが自慢のなみえ焼きそば。日清食品からカップ焼きそばとしても販売(2011.10)され、全国的な知名度を誇ります。

2011年3月11の震災と原発事故で今なお故郷に帰れない浪江町の方々。いつか帰れる日を信じてばらばらになったメンバーが集まり「なみえ焼きそば」を焼き続けています。

安い食材で、おいしくてお腹いっぱいになれるようにと、約50年前に考案された「なみえ焼そば」。

私達が当たり前に食してきた焼きそばが特徴的なモノと気づいたのは近年。

食堂や家庭でも、麺・モヤシ・豚肉が定番。シンプルゆえに味を極めるのは難しく、吟味した食材にて調理し、多くの経験をつまなければならぬ、浪江のソールフードである。

福島県を代表して参戦する我ら、山海の幸が豊富な”ふくしまのうまい”食材もお届けいたそう。

浜風に鍛えられた幻の小麦「きぬあずま」とフラガール里いわき市の塩で作られた極太麺。
フルーツ大国ふくしまのエキスを凝縮した濃厚ソース。
広大な土地で健康に育った豚肉・モヤシも福島県産である。

浪江焼麺太国の建国記念日のみに食せる「国宝なみえ焼そば」を食すが良い。

太王 アイアン麺貞 B1グランプリ紹介文より

Photo:南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0217便) By Photo:浪江町にあった食事処が白河で再起。この店もなみえ焼そばを出すとか。行きたい店リストに追加しとこう。(^-^) By Photo:土日2日間、浪江町のお宅でトンバッグ47袋分の被災財出しを終え、二本松へ。 杉乃家さんに浪江でお手伝いしてきましたよと報告し、待ちに待ったなみえ焼そばを食べる。こんなにボランティア冥利に尽きる体験が他にあるか? 焼そばが盛られた大堀相馬焼の厚い皿を、今日は特にしみじみと眺めた、2日間の家財整理のお手伝いで手に取った、相馬焼の湯呑みや皿などを思い浮かべたから。 お手伝いが必要な人たちはまだまだいるんだ。声を聞き分け、駆けつけてあげたい。 By Photo:今年初のハーフマラソンだん。 なみえ焼そばローディングと復興道Tシャツのお陰で、自己ベストが出たことを報告します。 By Photo:今年初! そして久々のなみえ焼そば! (常総にも行くようになってから南相馬からの帰路、時間のかかる二本松ルートは通りづらいため。) これを食べないと、人のソウルジェムは濁り、エイハブリアクターは駆動しないだよ。 これでまた戦える。いただきます!(^o^) By

なみえ焼そばの映像

姫路B-1グランプリ 石巻焼きそば なみえ焼そば

恋する焼そば NYTS

浪江焼麺太国 焼そば音頭


This entry was posted in 福島県 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*