もりおか地鍋


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!


もりおか地鍋とは

都道府県岩手県
地域盛岡市、八幡平市、雫石町、葛巻町、岩手町、滝沢村、紫波町、矢巾町
推進団体 宮古湾かき養殖組合
概要

「もりおか地鍋」は、岩手県宮古湾の一年ものマガキ「つぶより牡蠣」を使った新ご当地グルメ。

「つぶより牡蠣」は、東日本大震災の津波で漁船や養殖施設など、すべてを失った宮古湾のかき養殖組合が宮古ブランド牡蠣復活に向けて養殖を再開したもの。

盛岡地方8市町村の約30店舗で、地元の農産物と「つぶより牡蠣」を材料とした和風、洋風、韓国風などさまざまな鍋が提供されている。

このブラント牡蠣「つぶより牡蠣」の名前を広め、現地で食することが復興の支援につながる。

盛岡地方8市町村(盛岡市、八幡平市、雫石町、葛巻町、岩手町、滝沢村、紫波町、矢巾町)で生産された農産物(食材)を1品以上メイン食材に使用していること、調味料を除いて外国産を使用していないことなどを基準に宿泊施設、飲食店から応募いただいた、各店自慢の地産地消の鍋料理です。岩手の伝統的な味から、洋風、中華風、韓国風まで、様々な味で地元の農産物をいただける「もりおか地鍋」の魅力です。(もりおか地鍋ホームページより)

もりおか地鍋の映像


This entry was posted in 岩手県 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*