気仙沼ホルモン


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!


気仙沼ホルモンとは

都道府県宮城県
地域気仙沼市
推進団体
概要

「気仙沼ホルモン」は宮城県気仙沼市のご当地グルメ。

北洋漁業やマグロ延縄漁などの基地として発展した気仙沼漁港。外洋から帰った漁夫たちが、海では食べることが少なかった肉の味を求め、安価な陸の味として豚ホルモンを独自の調理法で食する文化が生まれました。
現在、市内10数店舗で提供されています。

気仙沼ホルモンの特徴
1.生の豚のモツを用いる(ボイルしない)。
2.小腸・大腸・ガツ(「白モツ」)のみならず、ハツやレバー(「赤モツ」)も用いる。
3.味噌ニンニクだれに「白もつ」も「赤もつ」も一緒に漬け込む。普通は唐辛子も入れる。
4.千切りキャベツにウスターソースをかけて、焼いたホルモンと一緒に食べる。

気仙沼ホルモンの映像

【motovlog #62】気仙沼ホルモンを食べに行くツーリング!!

気仙沼ホルモン同好会 秘密結社「豚の穴」

気仙沼で愛され続けるソウルフード!! -気仙沼ホルモン-


This entry was posted in 宮城県 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*