ツェッペリンカレー(茨城県土浦市)


B級グルメ・郷土料理まとめて検索!


ツェッペリンカレーとは

都道府県 茨城県
地域 土浦市
推進団体
概要 1929年(昭和4年)航空機として世界で初めて、世界一周を成し遂げたドイツの大型飛行船ツェッペリン伯号。

全長236m、乗員65人、時速100kmでの飛行が可能なこの巨大飛行船が世界一周の途中で初めて降り立ったのが霞ヶ浦海軍航空隊(現在の霞ヶ浦駐屯地の一角)でした。

30万人以上が集まり「君はツェッペリンを見たか!」という合言葉が流行りました。

ツェッペリン伯号の乗組員たちに、地元のジャガイモを入れたカレーを振る舞って歓迎した話をもとに、土浦商工会議所女性会が、2005年に完成させたのが、この「土浦ツェッペリンカレー」。

飛行船型のライスに、ジャガイモがまるごと入り、土浦のレンコンや茨城県の銘柄豚「ローズポーク」など、地元の食材を贅沢に使用しています。

ツェッペリンカレーの映像

茨城県土浦市③地元名産のレンコンを使った『土浦ツェッペリンカレー』

ようこそツェッペリンNT号〈低解像度〉/ 茨城県土浦市 平成17年02月06日 050206

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください